循環器内科医がみた糖尿病治療戦略

東先生は、主に広島大学にて血管を中心としたご研究に従事され、国内外にてご活躍されております。
高血圧、酸化ストレス、腎疾患等、多岐に渡る要因から血管についてご研究をされていますが、今回は「糖尿病」が血管にどのような影響を与えているのか、どのような糖尿病治療を行っていくべきか、ご解説頂きます。
 

血管内皮機能障害と糖尿病

血管内皮機能障害は動脈硬化の発症・進展の第一段階として存在しており、進行する事で心筋梗塞、脳卒中などの心血管合併症を惹起します。
血管内皮機能障害を生じる因子としては、高血圧、脂質異常症、肥満や喫煙とならんで、糖尿病があげられます。
動脈硬化は糖尿病発症よりも随分前から進行しており、糖尿病と診断された、あるいは罹病期間が長いという事はそれだけ心血管イベントリスクが高くなっている事になります。
 

図1

血管内皮機能障害と糖尿病

 

糖尿病治療で重視している事

糖尿病は細小血管合併症と大血管合併症の主要かつ独立したリスク因子である事はよくご存じのとおりです。
そのため、糖尿病治療が血管合併症や死亡にどのような影響を与えるのか、様々な試験が行われています。
細小血管合併症については、早期から積極的に血糖コントロールを行う事が重要であるとUKPDS等で証明されています。
一方、大血管合併症や死亡については、実施された試験によって少し影響が異なっており、その要因としては重症低血糖が寄与していると考えられております。

 

図2

糖尿病治療で重視している事

 

糖尿病患者の大血管合併症を防ぐためには、血糖コントロールに加えて、血圧や脂質等、集学的に治療強化を行った場合、大血管合併症や死亡に良い影響をもたらす事が示されています。
つまり、糖尿病患者においては早期から重症低血糖を起こさず厳格な血糖管理を行い、加えて血圧や脂質等、集学的に介入していく事が重要であると考えます。
 

図3

糖尿病治療で重視している事

 

望ましい糖尿病治療薬

先ほどの紹介の通り、低血糖リスクが少なく、速やかに血糖値を改善できる薬剤から選択します。
そのうえで、集学的な影響や最新のエビデンスを考慮し、できるだけ将来のイベントリスクを最小化できる薬剤を選択したいと思っています。
その点で、ジャディアンスはアジア人を含めた エビデンスを有している事から、有用な選択肢のひとつです。
ただし、禁忌症に加えて、シックデイ、強力な糖質ダイエットをしている人を避けるべきと考えます。
 

図4

望ましい糖尿病治療薬

 

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら