かかりつけ医のためのILD診断と病診連携のポイント 動画 監修:一般財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院副院長兼呼吸器科部長兼間質性肺炎・肺線維症センター長 杉野圭史先生

ご監修・ご出演:杉野 圭史先生(一般財団法人慈山会 医学研究所付属 坪井病院 副院長 兼 呼吸器科部長兼間質性肺炎・肺線維症センター長)

間質性肺疾患(ILD)の診療では、捻髪音の聴診所見などからILDの可能性を見逃がさず、早期に適切な診断・治療に結び付けることが重要です。本コンテンツでは、日常診療におけるILD診断の重要性や診療のポイント、および進行性線維化を伴う間質性肺疾患におけるオフェブの有用性について、一般財団法人慈山会 医学研究所付属 坪井病院 副院長 兼 呼吸器科部長兼間質性肺炎・肺線維症センター長  杉野 圭史先生のご解説をご覧いただけます。

 

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら