知っておきたい医療費助成のポイント ~特発性間質性肺炎~(動画 監修:神戸市立医療センター中央市民病院 副院長兼呼吸器内科部長 富井 啓介先生)

ご監修・ご出演:富井 啓介先生(神戸市立医療センター中央市民病院 副院長兼呼吸器内科部長)

抗線維化薬オフェブで治療を行う場合、患者さんは高額療養費制度や難病医療費助成などの医療費助成を利用できる可能性があります。患者さんがこれらの助成を受けるためには、医師が医療費助成制度の概要を理解しておくことが重要です。
本コンテンツでは、本邦における医療費助成制度の概要と、進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)に関連する指定難病の1つである特発性間質性肺炎の診断や重症度の評価などについて、神戸市立医療センター中央市民病院 副院長兼呼吸器内科部長 富井 啓介先生のご解説をご覧いただけます。

 

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら