10周年エキスパートと振り返るプラザキサのエビデンス 第4回

RE-VERSE AD試験

2021年3月、プラザキサ®は発売10周年を迎えました。このコンテンツでは、エキスパートと共に、プラザキサのエビデンスと10年間を振り返ります。今回は、国立病院機構 九州医療センター 臨床研究推進部長 脳血管・神経内科の矢坂 正弘先生に、ダビガトラン特異的中和剤プリズバインドの中和効果を検証した臨床試験であるRE-VERSE AD試験について、公開当時の印象とともにご紹介いただきます。ぜひ、ご視聴ください。

 

臨床研究助成プログラム

ベーリンガーインゲルハイムは、医療関係者の皆さまからヘルスケアに関連する研究等の提案を受け付けています。

詳しくはこちら